◇ 講師ご紹介 ◇

 

講義がわかりやいとご好評いただいている臨床経験豊富なベテラン講師が努めます。

複数講師が分担し、より実践的に学んでいただく科目も設定しています。

現任者のみなさまとの相互交流により、学びが一層深まることを願っております。

 

心理学分野担当

 

    大植 崇

 

松下記念病院およびロイヤル訪問看護ステーション、佛教大学福祉教育開発センター特別養護老人ホーム「和順の里」/臨床心理学研究センター研究員、松下記念病院緩和ケアチームを経て、現在は兵庫大学看護学部看護学科講師。看護師のメンタルヘルスサポートとしての認知行動療法を実践・研究している。

 

心理学、

司法・犯罪分野担当

中村 大輔


「神戸臨床心理カウンセリングルーム 研心音」所長。犯罪心理学、裁判心理学を専門とし、特別支援教育支援員、教育相談機関(いじめ不登校)・医療機関でのカウンセラー、宮城県・兵庫県スクールカウンセラー、神戸高校キャンパスカウンセラー、神戸高校特別非常勤講師、刑務所性犯罪再犯防止処遇カウンセラー、保護観察所スーパーバイザー、まいどなニュース記者などとして活動。ラヂオきしわだ「中村だいすけの映画で語る心理学」のメインパーソナリティー。シンガーソングライターでもある。

 

福祉分野担当

 

   森崎  雅好

 

千葉大学教育学部 非常勤講師、千葉県/和歌山県教育委員会スクールカウンセラー、和歌山大学保健管理センター心理カウンセラーを経て、現在は高野山大学文学部准教授、和歌山県立医科大学付属病院紀北分院緩和ケアチーム心理士、高野山真言宗金剛峯寺宗務所メンタルヘルスカウンセラー、NPO法人白浜レスキューネットワーク(自殺防止・保護活動団体)協力会員

著書:はじめての「密教的生き方」入門

福祉分野担当

 

今堀 美樹

 

大阪市内にある岸之里キリスト教会聖化保育園の保育士(勤務当時は保母という資格名称)を経て、和歌山社会福祉専門学校と関西社会福祉専門学校で介護福祉士、大阪キリスト教短期大学(非常勤)で保育士、大阪体育大学と同志社大学(非常勤)で社会福祉士というように、社会福祉専門職の養成教育に携わった。大阪体育大学では健康福祉学部教授を経て、現在は学生相談室・スポーツカウンセリングルーム教授。

著書:『ソーシャルワークの理論と実践-その循環的発展を目指して-』(共著)『ソーシャルワーク論』(共著)ほか


精神医学を含む医学、

産業・労働分野担当

   杉岡 良彦 

 

京都府立医科大学精神神経科研修医、旭川医科大学健康科学講座(現 社会医学講座)助教・講師を経て、現在は上野病院精神科勤務。医学の哲学、脳とこころ(あるいはスピリチュアリティ)の問題、V.フランクルなどを中心に研究。

『スピリチュアリティは健康をもたらすか』(翻訳)脳科学とスピリチュアリティ』(翻訳)ほか

 

精神医学を含む医学、

保健医療分野担当

徳倉 達也

 

西尾市民病院、名古屋大学医学部附属病院精神科、総合診療センターひなが、ささがわ通り心・身クリニック、仮谷豊田総合病院精神神経科を経て、現在は名古屋大学医学部付属病院助教

精神医学を含む医学分野

担当

沈沢 欣恵

 

産婦人科医として、大阪大学医学部附属病院、関西労災病院、淀川キリスト教病院、Japan Green Medical Centre(英国)に勤務の後、緩和ケアに転向。彩都友紘会病院、拓海会神経内科クリニック、国立刀根山病院、静岡県立静岡がんセンターを経て、市立池田病院、近畿大学奈良病院で緩和ケア科を立ち上げ。ひだまり訪問クリニックを経て現在は八尾市立病院 緩和ケア内科部長

教育分野担当

 

 

石原 剛広

 

兵庫県立柏原病院小児科、兵庫県立塚口病院一般小児/児童精神科を経て、現在は兵庫県立尼崎総合医療センター一般小児科/児童精神科医長。

学校や園への巡回相談、職員や保護者対象の講演会、ティーチャートレーニング研修など、医・教連携を推進する先進的な取り組みを行っている。